新型うつ病と背を向けずに付き合う方法とは
うつ病も進化する?現代社会の新たなうつ病

新型うつ病と背を向けずに付き合う方法とは

愛する人を守るには

新型うつ病になった人と接する場合、他愛ない言葉でも細心の注意を払うことが重要です。何故なら、精神的に疲れ切っているので、何をいわれてもマイナスに捉えてしまい、関係を悪化させる可能性があるからです。

悩める心をサポートする

カウンセリング

生きて入れば何かしら思いもよらぬショッキングなできごとに遭遇してしまいますが、それがあまりにも負担になってしまうと、自分自身を保てなくなります。そして、何もないのに涙が止まらなくなってしまい1日中泣いているということもあるというのなら、それは「新型うつ病」と呼べるかもしれません。この病気は、幼い頃の対人関係によって誘発されることが多く、例えていうなら、親から暴力を振るわれていたり、友達から仲間外れにされていたりした経験から人間不信に陥り、それが悪化するとこういった病気に発展してしまう恐れがあるでしょう。また、忘れようとしてもフラッシュバックとして、突然脳裏に昔の嫌な思い出が蘇り、挙句の果てには発作を引き起こしてしまうケースもあるのです。そして、その発作があまりにも強い時には救急車を呼ばれる事態になりますが、病院で心電図やレントゲン検査をしても何も異常がないと診断されてしまいます。そういった場合は、新型うつ病などの精神病である可能性が十分にあるので、注意が必要といえるでしょう。また、発作を引き起こしてしまう精神病にパニック障害というものがあり、初めはこちらの診断をされてしまいがちです。しかし、パニック障害と新型うつ病では治療方法が異なるため、正しい診断をしてもらうためにも、心が辛くなってきたらこまめに心療内科に通うようにするといいでしょう。

従来のうつ病に多い患者さんのほとんどが、働き盛りの男性が多い傾向にあったといえるでしょう。しかし、現代では、20代や10代といった若い方でも新型うつ病になることが判明しています。そして、男女問わず増えているのですが、特に若い女性に新型うつ病が見られるケースが増えてきているのです。こちらは、特に学校や職場の人間関係にあるとされており、安心できる家庭とは違い、いきなり知らない人たちの中に混り、周りに合わせなければならないというストレスからくるものとされています。ですので、家ではよく喋ったり、笑ったりする子供でも、学校で一人になったとたんに大人しくなることがあるでしょう。その変化を見逃さないためにも、普段の学校の様子を担当の教師に聞いておく必要があるのです。また、子供が社会人の場合は、ストレスが溜まっていないかどうか会社のことを聞くようにしましょう。このように普段から子供とコミュニケーションを積極的に取っておくことによって、自殺などの最悪のケースから守ることが可能になるのです。

新型うつ病の初歩的な行動として、学校や会社を休みがりになり、なにかと休もうとします。しかし、それはただ怠けているのではなく心のエスオーエスだと思って重く見た方がいいでしょう。特に、学校や会社でのいじめなどのトラブルに巻き込まれていないか目を光らせておくことが重要です。そして、新型うつ病にならないためにも、学校の場合はフリースクールにしたり、転校したりすることによって防ぐことができるでしょう。また、社会人の場合は、信頼できる上司に相談したり、転職したりすることも頭に入れておいた方がいいかもしれません。そして、無理に通わせていると、今よりも重要になり、食欲不振や不眠症、更には自傷行為をしかねないので、心が落ち着くまでの間、広い心で接してあげるのが少しでも早く解決する方法だといえるでしょう。

違いを知ろう

従来のうつと新型うつ病の違いを知っておけば適切な治療を受けることができるようになるでしょう。また、叱るのではなく、一番辛い患者の背を押すように付き合うことが一番大切となっています。

誤診に注意が必要

精神疾患といってもたくさんの種類があり、新型うつ病の特徴と似通ったものがたくさん存在します。しかし、間違った判断をしてしまうと危険ですので、専門機関に任せるようにするといいでしょう。

Copyright © 2017 新型うつ病と背を向けずに付き合う方法とは All Rights Reserved.